陶芸教室の日記
by rintaraw
以前の記事
2014年 07月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2008年 03月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
最新の記事
カップとおぼしきものを二つほど
at 2014-07-08 20:41
焼きあがりました。
at 2013-09-24 10:53
初めての急須である
at 2013-08-28 18:59
8/21 陶芸教室
at 2013-08-22 09:50
二回目で・・ドバイ^^;
at 2013-07-25 21:16
<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
灯り
計画停電の時間が終わりアパートに灯りがぱっと点く あの瞬間が希望の光に見えてなんだか嬉しい。
 こういう状態がいつまで続くのか分からないままに毎日を過ごしている。被災地の事を思えば公には冗談もつぶやけない日々! でも、あんまりマジになってるとこちらが参ってしまう、自分を励ます為にも内心では冗談交じりで明るく振舞っていなくっちゃとかしんぼうしなきゃなぁ~。です。
[PR]
by rintaraw | 2011-03-23 21:26
翼よあれがパリの灯だ・・・・・。
 今日の計画停電は夕方6時半頃から10時頃までだった。その間は暖房も無く真っ暗な部屋にいて地震や津波など気にしながら部屋にいるのかと思うといやだった、そろそろ疲れも出てきてるみたいだ。
 そんなんで今日の停電避難は富士川を渡って60サイクルの町で過ごしました。
川べりの土手に車を止めて朧月夜の空を見上げていた、九時少し前に川向こうの町がうっすらと明るくなった。今まで真っ暗だった町が急に明るくなった景色、その素晴らしさに思わず見とれてしまった。
 やっぱり灯りって大切なものなんだなぁ。その灯りにこれから先の夢を重ねて見ていたのか「翼よあれがパリの灯だ」なんてつぶやいてしまいました。朧月夜に浮かぶわが町の景色、やっぱりいいなぁ。

 ふっと寂しくなったりして毎日毎日の地震情報と停電情報を気にしながらの生活に少々疲れてきたのかなぁ・・・・。
[PR]
by rintaraw | 2011-03-18 22:04
人の器量ってこんな時にわかるのかなぁ
 先日の富士宮地震の時、家から飛び出してきた近所の人たちとしばらくは会話をしていたが、やっぱり避難しようと毛布をかかえて高台へと避難した。 周り人たちを尻目にさっさと避難した自分は一体どうなんだろうか?と、それがよかったのか悪かったのかと時々思う。というのもこんな記事を読んだからだけど。

「孤立の住民、笑顔で励ます 名取の公民館長」
「さあ、みんな、飯の準備だ。やろか」
 津波にのまれた宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)公民館に取り残された高齢者らを3日間励まし続けた館長、恵美(えみ)雅信さん(63)が、約200人が避難する市立第二中学校でも被災者の先頭に立ち、持ち前の明るさで住民らを元気付けている
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1538603&media_id=2&m=1&ref=news%3Aright%3Apickup_photo
[PR]
by rintaraw | 2011-03-17 20:32
次から次に・・・。
 先日、取引先から一ヶ月も前のデーターが無いと今頃になって連絡が来たーー;。「今頃まで何してたんですか?」と係りを責めてしまった。急いで事務所に行き残ってるメディアを預かってきた。
 いろんな復元ソフトにかけてみたが今ひとつ反応が無い><。そんなこんなで10日ほど経ってしまった。昨日工務店に納品に行って「そういえば前に復元ソフトをあげましたよね?あれはまだありますか?」と聞いてみたら大切に残してあったので即預かって帰り、預かったCFをさっそく復元してみたらなんと画像が上半分出て来たじゃないか^^*、でもそこまででそれ以上は無理ですとエラーになってしまった。でも後一歩で何とかなりそうだな?と、PCショップへ行き最新の復元ソフトを買ってきてやってみた^^/ 今度は止まらずにしっかりと復元しているではないか・・・。この時はすご~く感動しちゃいました。復元終わり画像クリックして開く時にデーターが壊れるんじゃないかとすご~くどきどきして開くのがちょっと怖かったです。急いでCDに焼いて保存して安心しました。

 で、一件落着! 次は計画停電の中を避難先から帰り、先の仕事の確認をしたら予定していた日に都合悪くなり予定通りに行かないと・・・新たな悩みが発生。あ~~次から次に湧いてくる悩み 神様は僕を休めてくれません。それにもまた生き甲斐に感じてるのは僕って・・・^^/。

もっと修羅場をくぐってきたと言う仲間もいることだし、このくらいなんてこと~ないかぁーー;
そんなこんななで心の安堵はいつ来るのやらと思いつつ、めげずにがんばらねばと自分を励ます!
[PR]
by rintaraw | 2011-03-15 07:30
輪番停電が毎日つづく
 3/11日に発生した東北関東大震災! 午後三時前後の二回にわたって揺れた。揺れ始めはめまいかと思うほどにゆっくりとした揺れが長く続いていた。その頃、仕事で焼津の港近くで新築の家の撮影中だった。地震と同時にサイレンがなっていた近所の人たちも集まって来て「何のサイレン?」「あ!津波注意報だよ~」と思い出したように騒いでおった。避難するでもなく井戸端会議みたいに道端で立ち話する程のんきな風景、僕も仕事を続けた。仕事終わりは去年のチリ地震の時の津波警報の教訓もあったので今回は即刻焼津を離れて帰途に着いた。正しい行動だったかな帰りついてしばらくしたら主要道路は通行止めになっていた。TVの津波の襲って来る映像をみてすごいの一言! うちの地区でも海辺の田子の浦港近くには避難勧告がでた。余震も気になったが普通に就寝。夜中の三時頃に静岡の息子から電話が来た「長野・新潟・静岡に地震警報が出てるからすぐ避難したほうがいい」と言う。大きな声で娘を起こして寝ぼけ半分でとるものもとりあえず岩本山まで避難した。が町は静かで人も少なく「れれれーー;」ちょっとうちは騒ぎ過ぎたかな?と恥ずかしい気分になった。「ま、でも此処まできてりゃ安心だ」と思い直し自分をなぐさめた^^*。明け方は静岡で仕事だったので僕だけ山を下りて静岡に向かった、東名も国一も通行止めで富士川橋が渡れない 幸い旧道は通れたので新蒲原へと向かった、所が富士川渡ってすぐに下り方面は大渋滞で前に進めない!
左に折れて山に向かって裏道をひたすらに新蒲原へと向かいようやく着いたその駅は・・・・>< JRは止まっておった~~!「新幹線は動いてます」と張り紙があり「なぁんだうちに向かえばよかったじゃん」と悔いが来た。家に戻って車を置いて新幹線に飛び乗って仕事時間にぎりぎりセーフ^^/その後もがんばりました。夜はゆっくり寝たかったのでまた岩本山に行き車中泊を楽しんできました^^;。明日からは輪番停電が続きます。この辺りは午後三時半頃から午後七時までとサイトで確認しました。富士川を渡れば60サイクルなのでそういう計画停電はないのですよ~。

しかし、あの津波はすごいですね~。どんな津波来るかな?とか、そんなのんびり見てようと思う気分などは捨ててとにかく高いところね避難しろ~って事かと胸に刻みました。あのがれきの中には被害にあった方たちも一緒になっているんだと思うと悲惨で可哀相だなと思う。被害にあわれた方達のご冥福をお祈りしながら今日の日記を締めておこう。
[PR]
by rintaraw | 2011-03-13 23:59
雨上がりの芝川
 時折走る芝川の道、いつかは撮ってみたいと思っていた古びたポストと錆びたヤクルトの看板のある風景、雨上がりだったが今日は5Dを持っていたので路肩に駐車してパチリパチリやってきました。このモノクロームな風景はやっぱり二眼がいいかな?と思いつつ撮ってきました。ポストは小さくてらしくないですねーー;
c0082109_223972.jpg

向こうの山肌には湧き立つ靄です。先日はこのような景色のスギ花粉バージョンを見ました。今日は正真正銘の山霧ですからご安心くださいませ^^*。
c0082109_21571151.jpg

[PR]
by rintaraw | 2011-03-07 22:08
由比を歩いて
雨上がりかな?と思ってカメラ片手に由比の町を歩いてみた。今にも雨が降り出しそうな天気だったので二眼は置いてデジイチだけ持ちました。二眼で撮れなかったという煮えきれない気持ちも残り、後日二眼を持って山の集落へ行きました。
 まずは港でしょ?って事でとりあえずの一枚を撮る。なんでもない写真だが船べりに当たる光が気になった・・。
c0082109_22562892.jpg

町歩きの始まりはこんなものかな? シャッターを切っているうちにだんだんと燃焼してくるんです・・。気が乗ってくるがここまで熱く赤くはならないだろう・・・。
c0082109_2258784.jpg

このアロエも海辺で見ると蛸に見えてくるから不思議だぁ。
c0082109_2301651.jpg

今から何か始まるのか?郵便マークの向こうには人だかりがある
c0082109_2315943.jpg

ここは港町特有の狭い坂道のある風景、その先では保線工事をやっておる。
c0082109_2331386.jpg

今までにも何度か歩いているこの町、今回はガイドを兼ねた仲間もいる。案内されたのは古い壁の続く路地裏・・。
c0082109_2361718.jpg

c0082109_2363390.jpg

古民家を訪ねてみるといい・・・。土間などにも自由にお上がりくださいって!
♪♪・・あかいくつ~はぁいてた おんな~のぉこぉ~~♪♪♪ でもないが^^;。
c0082109_238069.jpg

町歩きを楽しんだ後にはつき物の食事&ティータイムだ。予約してあったカフェは隠れ家的な場所にあり、それはそれは大満足のお店であった。この後も地酒屋にも立ち寄ったりして楽しみは続いたが写真はなしにしておこう・・。
[PR]
by rintaraw | 2011-03-04 23:20
歩いて横浜 新聞博物館
2010報道写真展を日本新聞博物館でやっているというので関内から歩いてみた。
c0082109_23592947.jpg
 二階のカフェから見下ろす歩道の人ごみが好い、自由な町 横浜は周りを気にせず気ままに過ごせるのが好い。たとえそれが浮いた存在でも妙に嬉しくなるのは僕だけ?
c0082109_23595147.jpg
c0082109_00623.jpg
古い県庁の建物を見て思った、此処がニュ-ジーランドだったら、もしかしてあの建物は倒壊していたのだろうか?レンガ作りの横浜の町
c0082109_001887.jpg
古き良き時代を作り上げてきた町。ニコンをぶら下げて初めて歩いた山下公園、写真の道への決心をした港の見える丘公園う~~ん^^* ここはわが青春の町ヨコハマ。
[PR]
by rintaraw | 2011-03-03 00:18